横浜市霧が丘地域ケアプラザ居宅介護支援事業所
トップページ > 横浜市霧が丘地域ケアプラザ > 横浜市霧が丘地域ケアプラザ居宅介護支援事業所 > 最新情報

最新情報

ブログ 2017/06/06 15:26

睡眠はとても大切だ…

昨晩は、肌寒くて、夜中に何度も目が覚めてしまい、毛布をしまった事を後悔…
寝足りず朝から頭がボーっとしています。

睡眠は大切だ…

ところで、人の1日の睡眠時間が7〜8時間位だとすると、
人は、人生の3分の1を寝て過ごすんですね。
人生80年とすればその3分の1の、約27年眠り続ける計算になる…。

そう思うと、起きてる時はもう山あり谷ありの日々なんだから、
せめて寝てる時ぐらい心穏やかに満足のゆくように過ごしたいですね〜。

よく人は寝ないと死んでしまうと言うけど、(飢え死にするより早いみたい。)
やっぱりそれだけ重要なことなんでしょうね。

じゃ何のために人は眠るんでしょうか?

…その理由はまだ解明されていないそうです。

ただ昔から「寝る子は育つ」と言われるように、
子供の時は寝てる間に成長ホルモンが出て、大脳を創り育てる大事な役目があり、

大人になっても同じように、身体と脳を休ませ、
記憶の整理や心の回復、細胞の修復、免疫力を高めるなどしてくれている。

しかも寝てる間も脳は活発に働いて、生きるために必要な色んな作業をしてる。

例えば、アメリカの研究では、
脳は寝てる間にだけ、脳内に通り道をつくり、「脳のゴミ出し作業」を行うとのことで、
寝不足な人ほど脳内に毒素がたまることがわかり、
認知症の原因と言われるアミロイドベータとの関連も言われている。

何はさておき人は生きる為に眠る。 
どんな人でもできる究極の健康法は寝ることなんですね。

そう言えば人って
寝食を共にするから繋がりが深まっていくってありますよね。

特に家族…身近にいると、
時には口やかましかったり、うるさかったり、喧嘩をしたりもするけれど、
一つ屋根の下で同じ釜の飯を食べ、他愛のない会話をして、おやすみなさいと寝る。

睡眠には人と人との絆を深める役目もあるのかもしれない…なんてふと思いました。
(C.H)

 

ページの一番上に戻る