横浜市霧が丘地域ケアプラザ居宅介護支援事業所
トップページ > 横浜市霧が丘地域ケアプラザ > 横浜市霧が丘地域ケアプラザ居宅介護支援事業所 > 最新情報

最新情報

ブログ 2017/06/05 13:03

次は"医療等ID"ですって。

マイナンバー制度が始まって1年半ほどですかね?
今ではめっきりその話題を聞かなくなったような気が…。
そして、いまだマイナンバーカードをもらっていない人が多いんだそうです。

そんな裏で、次なる段階として進行しているのが、「医療等ID」。
早くも来年に向けて、医療機関の環境が大きく変わろうとしているんです。

これは、マイナンバーカードに健康保険証の機能も持たせて、
「医療等ID」を使って、
本人の医療に関する情報(受診歴や服薬歴、健診結果など)を
医療機関が知ることができるようになるんですね。

私たちは、過去から現在まで、
近所の医院や大きな総合病院、眼科や歯医者など色んな病院を受診しています。
一ヶ所の病院に血液検査やCT検査、診断結果、処方された薬などの情報があっても、
新しく受診した病院がそれを知るシステムがまだまだ整備されていない…
ということで、
医療等IDにはそういった情報を載せて、
医療機関同士スムーズな情報の連携が行える役割があるんですね。

もちろん、重複検査や投薬などを防いで増大する医療費を削減するのも目的の一つだと思います。

また、医療等IDで本人の情報を管理することで、
医療と介護(他職種)の情報共有もスムーズになり、
それが地域包括ケアの実現にも一役買ってくれるのではないでしょうか?

ページの一番上に戻る