横浜市霧が丘地域ケアプラザ居宅介護支援事業所
トップページ > 横浜市霧が丘地域ケアプラザ > 横浜市霧が丘地域ケアプラザ居宅介護支援事業所 > 最新情報

最新情報

ブログ 2017/05/28 12:54

「歩行禅」

どうでもいいことなんですけど… 私、歩くのが好きなんです。

買い物もぶらぶらと片道1~2時間位平気。 
観光に行ってもとにかく歩きまわります。 

歩くのはホント楽しい。

沢山の人とすれ違うし、色んな花が咲いているのを見ることができる。
それからそこで暮らす人たちの生活を想像するのが好きです。

そうして色んな光景に出会えるからということと、
あと、しばらく歩いていると次第に無の境地に入っていって、
それがなんともすごく気持ちいいんですよね~。

ふと、先日、ラジオで「ウォーキングは”歩行禅”なんだ」と聞いたことを思い出しました。 
歩行禅とは歩く瞑想のことです。

そう言えば、歩いていると、頭の中で、仕事のこと、家族のこと、
あれこれ色んなことが泡のように浮かんでは消えていく…
本当に瞑想状態のような、不思議な感覚を感じる時があるんですよね。  

そんな訳で、実際、歩くことは瞑想にもなり、
脳にもとてもいい影響があるそうです。

瞑想とウォーキングの共通点は、
まず癒しの脳波が出て、幸せに関するホルモンが分泌されること。
浮かんでくる思考を流すことで、頭が整理されてスッキリ安定すること。

話題のマインドフルネスや座禅なども、ちょっと怪しいかな…なんてもう時代遅れで、
これらが最高の休息方法だと言う科学的データがどんどん明らかになっています。

だから、ウォーキングは、
運動しながら、心のクリーニングもできちゃうってことなんですよね。
(C.H)

ページの一番上に戻る