横浜市霧が丘地域ケアプラザ居宅介護支援事業所
トップページ > 横浜市霧が丘地域ケアプラザ > 横浜市霧が丘地域ケアプラザ居宅介護支援事業所 > 最新情報

最新情報

ブログ 2017/04/06 09:37

体にいい油、悪い油

突然ですが、皆さんは料理の時”何油”を使ってますか?

スーパーに行くと棚にいろんな「油」が並んでますよね。

油といえば、太る、コレステロールが増える、もたれると
余り良くないイメージがありますが、

三大栄養素のひとつでもあり、体をつくる材料になる、
生きていく上で大切な栄養素なんですよね。

私も唐揚げや天ぷら、フライが大好き!

ただ、最近、”体にいい油”の話をよく聞くようになって…
油には、いい油と悪い油があるんですね~。

まず、トランス脂肪酸が含まれるマーガリン、ショートニング…
これほど体に悪い油はないそう。

それから、摂りすぎ注意なのは、
動物性の脂、サラダ油(紅花油、コーン油、ごま油、キャノーラ油など…)
摂りすぎると、動脈硬化や心疾患、アレルギー疾患、
認知症、成人病などの原因になるそうです…(; ̄O ̄)

うぅぅーん…正直、摂りまくりです

そして…
良い油と言えば、”オメガ3”と呼ばれる
青魚の脂、えごま油、アマニ油、チアシードなど
必須脂肪酸と言われ、身体に必要不可欠な油。
現代人は不足気味なくらいだそうですよ!

でも…
コンビニ弁当やファーストフード、外食する事を考えると
多分全くとらないことは難しいです。

大切なのは、悪い油を意識的に控えて、良い油を積極的に摂ること。
いい油を必要な量しっかり摂って食事内容を整えるだけでもいいんじゃないでしょうか?
(C.H)

 

 

 

ページの一番上に戻る