横浜市霧が丘地域ケアプラザ居宅介護支援事業所
トップページ > 横浜市霧が丘地域ケアプラザ > 横浜市霧が丘地域ケアプラザ居宅介護支援事業所 > 最新情報

最新情報

ブログ 2017/03/24 21:33

介護保険負担割合証

平成12年4月、日本に介護保険制度が創設され、
介護が必要な高齢者に対して、自己負担”1割”で介護サービスの利用ができていましたが、
平成27年8月から法律が変わり、
65才以上で、一定以上の所得がある人は2割負担となりました。

介護認定を受けている方全員にこの〝負担割合〝が記載された
「介護保険負担割合証」が送られてきますので、
介護保険証と一緒に保管し、介護サービスを利用する際は、提示してください。

2割負担の判定基準については、

まず、65 歳以上で、合計所得金額が 160 万円以上の方。

ただし、年金収入+その他の合計所得金額が、
65才以上の被保険者単身世帯で280万円未満、
2人以上の世帯で346万円未満の場合は、1割負担に戻ります。

また、2割負担となるのは本人のみとなり、
同一世帯でも負担割合が違う場合があります。
(C.H)

ページの一番上に戻る