横浜市霧が丘地域ケアプラザ地域包括支援センター
トップページ > 横浜市霧が丘地域ケアプラザ > 横浜市霧が丘地域ケアプラザ地域包括支援センター > 最新情報

最新情報

活動報告 2017/02/13 15:49

霧が丘老人クラブ連合会・ケアプラザ共催『高齢者のこころの健康講座』を開催しました♪(2月13日)

2月13日(月)、高齢者のこころの健康講座を開催しました。

神奈川県精神保健福祉センターの桑原寛先生を講師にお招きし、
貴重なお話しをたくさんいただきました。

先生は、「100%健康な人、100%病気の人はいない」とおっしゃっており、
「こころの健康度は、他人が見てわかるものではなく、自分が一番の主治医であり一番理解しているのは自分自身である」そうです。
確かにそうですよね!

「いつもと違う自分=こころの健康度が下がっている状態」です。

「あれ?どこかおかしいぞ?」と、自分自身が自分の異変に気付いてあげることが大切なのです。

こころの病気に対する対応としては、他の病気と違い、根本的な原因を探るよりも
まずは、できること、やれることから解決していくことが重要です。
そして、個人ができる基本的な健康への取組みとして
①まず、寝る
②美味しく食べる
③リハビリ運動をする
この①~③をもとにして、社会参加を行い、人との出会い・交流を深めていくことが大切とのことです。

ボランティア活動をしている高齢者ほど、自立を維持しやすいという統計があります。
個人が各々健康に留意し①~③をきちんと意識し実行して、楽しく仲間と活動ができることが、
更に健康に繋がっていくのではないか?と思います。

休むことも大切。
「少し休んでからやろう」という気持ちが大事です。
 

講義終了後は、参加者から活発に質問がされました。

 

(生活支援コーディネーター 池田)


 

 

ページの一番上に戻る