横浜市霧が丘地域ケアプラザ地域包括支援センター
トップページ > 横浜市霧が丘地域ケアプラザ > 横浜市霧が丘地域ケアプラザ地域包括支援センター > 最新情報

最新情報

お知らせ 2018/10/21 16:26

霧が丘老人クラブ連合会共催講演会 「認知症とその予防」のお知らせ(10月21日)

11月13日(火)14:00~15:30 霧が丘ケアプラザにて「認知症とその予防」の講座が開催されます。

講師は、横浜労災病院 主任作業療法士 岩下尚志先生です。

ちなみに、理学療法士と作業療法士の違い、ご存じですか?

どちらも国家資格を有し、医師の指示のもと

理学療法士は主に身体に障害がある人に運動療法や電気刺激などの物理療法を行います。

作業療法士は生活に関わる日常生活動作のリハビリや手工芸、レクリエーション、スポーツなどを通して

社会的適応能力の回復のリハビリを行います。

たとえば、手首を骨折→医師が診断・治療→ギプスが外れた!!

→理学療法士が手指の曲げ伸ばしのリハビリを行い、

→作業療法士が日常生活の動作(茶碗を持って箸で食べる、ペンで物を書く等)のリハビリを施す

というと、わかりやすいかもしれませんね。

         ☆      ☆      ☆

講座にご参加の際には動きやすい服装で、また上履きもお忘れなく…。

多くの方のご参加をお待ちしております!!

(F)

 

 

 

 

ページの一番上に戻る