横浜市霧が丘地域ケアプラザ地域包括支援センター
トップページ > 横浜市霧が丘地域ケアプラザ > 横浜市霧が丘地域ケアプラザ地域包括支援センター > 最新情報

最新情報

ブログ 2018/07/07 10:23

「フレイルって何?」を学びに行って来ました!(7月5日)

平成30年度緑区介護予防地域活動支援事業「膝痛・腰痛予防の最前線 フレイルって何?」
に参加しました。

介護予防地域活動支援者向けの研修なので、地域の支援者の方も多く参加されました。 
会場は50名を超える参加者であふれていました。霧が丘地域も5名の方が参加されました。

ライフプラザ新緑 リハビリテーション部科長
神奈川県理学療法士会 横浜北部ブロック緑区代表の
加藤 潤 講師がロコモティブシンドローム・サルコペニア・フレイルについて詳しく説明してくれました。

ストレッチしながら、鍛える筋肉の位置などの説明があり、分かりやすかったです!

豆知識
ロコモティブシンドロームとは運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態。
運動器とは筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板などを指す。

サルコペニアは進行性及び全身性の骨格筋量及び骨格筋力の低下を特徴とし、身体的な障害や生活の質の低下、死などの有害な転帰リスクを伴う老年症候群である。
サルコペニアの語源はギリシャ語のサルコ(筋肉)ペニア(減少)です。

フレイルとは加齢に伴う健康障害に対する脆弱性が増加した状態。
健康障害(転倒、入院など)に陥りやすい状態の高齢者を指す。

上記の3つについて、診断基準があります。
興味がある方、是非調べてみてください!

Ri

ページの一番上に戻る