横浜市霧が丘地域ケアプラザ地域包括支援センター
トップページ > 横浜市霧が丘地域ケアプラザ > 横浜市霧が丘地域ケアプラザ地域包括支援センター > 最新情報

最新情報

活動報告 2017/11/14 20:46

「ゆうゆう霧が丘&社協ふれあいまつり」番外編 ~ケアプラザの職員たち~

10/29(土)、雨の中開催された「ゆうゆう霧が丘&社協ふれあいまつり」。
ケアプラザの職員たちも頑張りました!

◇お菓子販売
「わかば学園」で作っているお菓子をボランティアさん2名と一緒に、販売しました。



おまつり前にケアプラザに実習に来ていた、わかば学園の生徒たちが描いてくれたポスターが貼ってあります。
おかげさまで、お菓子は完売♪


◇健康チェック(地域包括支援センター職員)
毎月実施している「霧が丘健康チェックの日」でも人気の高い、
「血管年齢測定」と「骨の強さ測定」を行いました。
骨の強さ測定は、女性の人気が高いメニューです。


↓20歳の学生さんも♪

一般のお客さまのほか、職員やボランティアさん、地区社協の人たちなど
おまつりが終了する時間まで計測をしに来てくれていました。
 

◇ぬりえアート
今年度初のブースです。
ケアプラザ自主事業「ぬりえアート」や「スケッチ・水彩画」の作品展示、
子育て支援事業として開催している「もくもくひろば」で作製した作品の展示を行いました。
そして実際に体験してもらえるように、ぬりえ体験スペースも。
ボランティア2名とケアプラザ職員で行いました。


今年のおまつりは雨の為室内で行いましたが、職員からは、「楽しかった!」という声をたくさん聞きました。
職員だけではなく、地区社協の方が準備を手伝ってくれたり、コミュニティハウスの方や地域のボランティアさんたちとの関わりが多かったように感じます。
「みんなで一緒にやった!」という感じがしました。


(生活支援コーディネーター 池田)

ページの一番上に戻る