横浜市霧が丘地域ケアプラザ地域包括支援センター
トップページ > 横浜市霧が丘地域ケアプラザ > 横浜市霧が丘地域ケアプラザ地域包括支援センター > 最新情報

最新情報

活動報告 2017/07/07 16:12

「第16回かながわ高齢者福祉研究大会」に行って来ました!(7月5日)

7月5日(水)、パシフィコ横浜にて「第16回かながわ高齢者福祉研究大会」が開催されました。

この大会は、神奈川県社会福祉協議会が主催となっている大会です。
会場では、大きく分けて以下の4つのプログラムがありました。
▣高齢者福祉施設職員・学生等による研究発表
▣高齢者福祉施設職員等による介護技術発表
▣施設紹介・就職相談コーナー
▣介護用品・福祉機器等の展示コーナー

霧が丘地域ケアプラザからは、私(池田)と保健師・林の2名が参加。
福祉施設職員・学生等による研究発表を一番の目的として行って来ました。

研究発表は、7つの会場でテーマ別(16テーマ)に行われます。
1つの会場で21事例の発表(1事例10分)がありました。
他の地域ケアプラザの発表は、とても参考になりました。
会場内の雰囲気はこんな感じ↓です。


来場者が、自分が聞きたい発表によって7つの会場を自由に出入りするので、内容によっては会場内がいっぱいになることも。

休憩時間に、ロビーに出ると…!?
↓↓↓

神奈川県キャラクターの「かながわキンタロウ」君がいました♪
(このキンタロウ君、ホームページの情報によると、3月19日生まれ、性格はポジティブだそうです。)

このほかにもロビーでは、書籍や健康器具、体操DVDや高齢者が食べやすいお菓子なども紹介されていて、とても賑やかでした。
とても食べやすい大福がありました。
喉にひっかからない!味もサッパリしていて、何個でも食べれる感じでした♪(1個しか食べていませんよ!?)

施設によって、その地域によって、さまざまな特性があり状況も異なります。
生活支援コーディネーターの発表が多かったことに驚きつつ、同じ職種ということで嬉しさもありました。
県内の話がたくさん聞けて、そして、とても興味深い話ばかりで、時間があっという間に過ぎました。

 

★☆★ おまけ ★☆★

会場から見えた風景。


↑この日に停泊していた、ダイアモンド・プリンセス号。
とても大きかったです!

 

(生活支援コーディネーター 池田)

 

 

ページの一番上に戻る